合宿免許のデメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

メリットだらけに思える合宿免許にも、場合によってはデメリットになってしまうことがあります。教習所に通うよりも料金が安く、期間も短く済みますが、それでも最短で2週間はかかります。学生なら春休みや夏休みといった、長い休みを利用すれば参加できますが、社会人になるとなかなか2週間以上の休みを取るのは難しいので、気軽に参加できません。

合宿免許は原則一時帰宅が認められませんので、合宿中は休日も合宿所で過ごします。友達同士で参加したり、現地で友達ができたりすることもありますが、馬が合わない人や非常識な人がいると、合宿期間中嫌な思いをすることになります。

運転教習所近辺はあまり交通量が多くないので、路上教習は楽ですが、免許を取ってから運転するところが交通量の多いところだと、勝手が違うので戸惑うことになります。この場合は運転に慣れるしかありません。合宿中は短期集中で教習を受けるので、想像以上に過密スケジュールです。自由時間や休日もありますが、平日は出かけるのが難しいです。

教習は約2週間ですが、試験に合格しなければ卒業できません。保証付きのプランなら追加料金なしで追試ができますが、それ以外の場合は追試や追加教習、宿泊代や食事代などを別に払わないといけません。